生活習慣の乱れ・栄養の偏りが原因

「最近ちょっと顔色が悪いな…」と自分自身で思う時は要注意です。大抵そんな場合、まだ周りの人には気づかれていないことが多いですが、でも自分の体の中ではちょっと疲れが出ていることが多いのですから。寝不足だったり、食事があまり良くなかったり…。そんな時、顔色が悪く感じるものです。体調が悪いなあ、と思いながら自分の顔を見るから、本当に顔色が悪く見えるのかもしれませんが、でも顔色だけでなく表情も疲れて見える時は要注意で、何か対策をしなければいけない時が多いものです。まずは毎日の生活を見直すところから始めましょう!

 

バランスの良い食生活は肌の色を美しく保ってくれます。

顔色が悪い、顔が疲れて見える…、なんて時は実は貧血になっているかもしれませんよ。実は貧血は日本人女性に多い病気のうちの一つです。貧血…と簡単に考えてはいけません。貧血が原因で抜け毛が酷くなったり、顔色が悪くなったり(大抵は青白く見えることが多いそうですが)、ひどい場合は心臓にちゃんと血(酸素)が廻らず呼吸困難を起こすこともあります。貧血は鉄分の不足から始まります。鉄分は体の中に入ってヘモグロビンという物質に変わって血液中の酸素と結びついて色々な働きをしていますが、このヘモグロビンが鉄分不足によって体内に不足するとあらゆるところで大問題が起こります。ですから貧血って実はとっても恐ろしい病気なのです。女性は毎月の生理のせいで男性よりも貧血になりやすいのです。顔色が悪く見える時は貧血を疑いましょう。貧血の見分け方は目の下瞼の裏を見ると良いでしょう。この部分に血の気が無く白色に変わっていたら要注意!貧血のサインです!!そんな時は鉄分の多い食品、ヒジキやプルーンを積極的に取るようにしましょう。

 

睡眠不足も披露を招き、それが続くととても深刻な問題を引き起こします。

過労で倒れる人の殆どがしっかりとした睡眠をとれていないことが多いのです。過労も度を過ぎると、自殺願望やうつ病を発生させたり、先進疾患の大きな原因となります。これらを予防するためにはまず睡眠が大切なのです。寝ても寝ても眠たい…という方はお医者さんに相談しに行くのが良いでしょう。

 

このように簡単に生活の乱れが引き起こす深刻な事態の例を挙げましたが、毎日の生活が毎日の健康を保っているといっても過言ではありません。それを忘れないように!